デパスと似ている薬の中でも有名な薬は?

デパスと似ている薬の中でも有名な薬は?

デパスと似ている薬の中で最も有名な薬は、バスピンです。非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬であるバスパージェネリック薬品です。漠然とした不安、不安で眠れない、ストレスや緊張に対して弱い人など気持ちを和らげなど、不安障害を改善することができます。成分が直接神経伝達物質に作用するので、従来の抗不安薬よりもい依存性や副作用が少ないのが特徴です。ゆるやかに効果があらわれはじめるので、服用しはじめてから1~2週間で目に見える効果があらわれます。

バスピンの通販ならくすりぴあがお薦めです。

デパスの個人輸入禁止が解禁される事はあり得る?

デパスの個人輸入禁止が解禁される事はあり得る?

結論的に言うとあり得ません。デパスは2016年な向精神薬及び麻薬取締法によって、指定対象薬物になりました。ということは、個人で不正所持が許されないだけでなく、販売目的、譲渡目的で所持またはその行為を実施した場合には懲役刑が適用される、非常に取締りが厳しい薬物となったのです。 デパスは同じ系統の抗不安剤の中でも依存性を生じやすいことで知られていますが、連用、乱用しないことで違法なルートから入手しようとは思わないことです。個人輸入禁止薬物であり、その解禁も今後ありません。

デパスの代わりになる薬はバスパー?バスピン?

バスピンは日本の病院で処方されている?

バスピンは日本の病院で処方されている?

バスピンは国内未承認の医薬品になりますので病院で処方してもらう事はできません。しかし、制限付きではありますけど個人輸入で購入する事は可能となっていますが、自己責任で購入する必要があります。自分で購入したり、気を付けなければならなかったりするのは面倒という場合はデパスを日本の病院で処方してもらった方が安心ではないでしょうか。個人輸入でのバスピンの購入は手続きの問題や品質の悪い粗悪品を購入してしまう危険性があります。

デパスの代わりをお探しの方はお薬boxをご覧下さい。

デパスは病院の何科で処方される?

デパスは病院の何科で処方される?

デパスを処方してもらえるのは病院の何科ですが、どこに受診するか、何が目的で受診するのかによっても変わってきます。一般的には心療内科や精神科が処方して貰えますが、体調不良や不眠症といった事で内科を受診してストレスが原因ではないかと疑われたら内科でも処方して貰えます。また整形外科等でもデパスを処方して貰える場合がありまして、デパスは肩こりに対しても効果があると言われていますので他の商症状を見ながら処方されます。

デパスは睡眠薬としても使われる?

デパスは睡眠薬としても使われる?

内科だと、不眠というとデパスが処方されることも多いようです。しかし、精神科、心療内科だとあまりそういった用法はしません。なぜならば、デパスはあくまで抗不安薬で、睡眠薬ではないからです。デパスは、連用していると依存性が生じることがあるので、精神科医はその処方に慎重です。最近は法的にも麻薬扱いをされるようになった、注意を最大限に要する薬の一つです。特有の催眠効果は過剰に服用したいという欲求につながることがあります。慎重投与、経過観察が必要な薬剤なのです。