デパスと似た有名なお薬は?

デパスと似た有名なお薬は?

デパス錠という薬は精神安定剤として使用する薬です。精神科で主に処方される薬なのですが、眠れないといった症状や、出産前に精神的な不安になってしまった妊婦などに対して使用されることもありますので、内科や産婦人科ではよく処方されるおなじみの薬です。

少しまでは、個人輸入をすることができましたが、残念ながらデパス錠やジェネリック品は個人輸入が禁止になってしまいました。

精神薬には依存性というものがあります。人によっては、その薬がないと精神的に落ち着かなくなり、薬にさらに頼ってしまい、量が増えてしまい、副作用などの症状が出てしまうこともあります。

デパスもそれほど依存性が他の精神薬と比べて依存性が特別に強いというわけではありませんが、2016年にデパスに含まれるエチゾラムという成分が厚生労働省の発表により、依存性があると判断され、個人輸入が禁止となってしまいました。

やはり病院で処方された場合は、薬の量について医師からの指導がありますが、個人使用となると、安全に使用すれば、副作用のリスクも少ないのですが、自分勝手に薬の量を増やしてしまうと、知らず知らずのうちに薬の量が増えてしまったり、依存性などの問題もあるのでしょう。

そういった事情なども含めて、個人輸入が禁止されてしまったので、これまで薬を使用していた方にとっては、不便さを感じるのではないのでしょうか。

しかしデパスと同じ効果のある精神安定剤があります。それは抗不安薬として使用されているバスピンという薬です。この薬はうつ病の症状や、緊張状態に効果がある薬で、精神を安定させる効果があります。

睡眠障害にも効果がありますので、不眠症に苦しむ方にもよく使われる薬です。個人輸入もすることができますので、代替品として使用することができるでしょう。

バスパージェネリックという精神安定剤もパスミンと同じ効果があります。この薬を使用している方も多くおり、精神安定剤として安心して服用し続けることが出来ます。

うつ病の症状に悩まれている方や、睡眠障害に効果があります。日々の生活で、こうした精神安定剤を使用したいという時は、代替品でも同じ効果のあるバスピンやバスパージェネリックをうまく活用すると、精神安定効果がありますので、リラックスして、気持ちを穏やかにすることができます。

個人輸入が認められている代替薬ですが、やはり個人で使用する場合は、必ず使用量を守り、うまく薬を使いこなしていくことが大切でしょう。